DeNA

横浜DeNAベイスターズ 2020ドラフトまとめ

今回は横浜DeNAベイスターズ2020年ドラフト指名選手をまとめました。

ベイスターズ 2020ドラフト一覧

順位 選手名 経歴 守備 投打
1位 入江大生 作新学院-明治大 投手 右投右打
2位 牧秀悟 中央大 内野 右投右打
3位 松本隆之介 横浜高 投手 左投左打
4位 小深田大地 履正社高 内野 右投左打
5位 池谷蒼大 静岡高-ヤマハ 投手 左投左打
6位 高田琢登 静岡商高 投手 左投左打

育成ドラフト

順位 選手名 経歴 守備 投打
1位 石川達也 法政大 投手 左投右打
2位 加藤大 横浜隼人高 投手 右投右打

ベイスターズドラフト1位は明治大の入江大生

入江大生

出典:nikkansports.com

ベイスターズのドラフト1位は明治大の入江大生投手。

ベイスターズといえば競合を避け、好投手の一本釣りをするイメージですが、今回もイメージ通りの指名となりました。

入江選手は作新学院高校の出身で、高校3年生のときには夏の甲子園で全国制覇を果たしました。

このときのエースは現在ライオンズにいる今井投手で、入江選手は4番ファーストとして出場していました。

甲子園では3試合連続ホームランを放つなどバッティングで優勝に貢献し、野手としてU18日本代表にも選出されました。

明治大学進学後は投手一本に絞り、1年春からリーグ戦で登板。リーグ戦では4年春まで72.2回を投げ奪三振79、防御率2.72と安定した成績を残しています。

入江投手は身長が187cmあり、長身から放たれるストレートは最速153キロを記録します。

また変化球ではスライダー、フォーク、カットボールなど多彩な球種を操り、どの球でも三振が奪える精度があります。

投手としての活躍は大学からなのでまだまだ伸びしろがあり、プロ入り後の成長が楽しみな選手です。

ベイスターズドラフト2位は中央大の牧秀悟

牧秀悟

出典:nikkansports.com

ベイスターズのドラフト2位は中央大の牧秀悟選手。

大学日本代表で4番を打つなど長打が魅力の選手でドラフト前は1位候補として各メディアでも報道されていました。

ベイスターズとしては2位で指名できたのはラッキーでしたね。

牧選手は1年生のときから試合に出場し、19春首位打者、19秋MVPに輝くなどレベルの高い東都リーグでも屈指の成績を残しています。

広角に打ち分けるバットコントロールに、堅実な守備が魅力の選手です。大学ではセカンドやショートでベストナインに選出されており、内野ではどこでも守れるので、1年目から1軍での活躍が期待できそうです。

歴代の大学日本代表4には西武の山川選手、オリックスの吉田選手、阪神の大山選手などリーグを代表する選手が名を連ねているので、牧選手も5年後あたりには日本を代表するスラッガーになっているかもしれませんね。

ベイスターズドラフト3位は横浜高校の松本隆之介

松本隆之介

出典:nikkansports.com

ベイスターズのドラフト3位は地元横浜高校の松本隆之介投手。

横浜高校からの指名は久しぶりでしたね。2011年の乙坂選手以来の指名だと思います。

松本投手は最速152キロのストレートを誇る剛腕ピッチャー。

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップを投げ、三振も奪える本格派です。

まだまだ完成度は高くないですが、長身で150キロを超えるストレートが投げれるサウスポーはプロでもなかなかいないので将来が楽しみなピッチャーです。

187cm、77kgとまだ細身の体なので、まずは体作りからですね。

ベイスターズドラフト4位は履正社の小深田大地

小深田大地

出典:nikkansports.com

ベイスターズのドラフト4位は履正社の小深田大地選手。

1年夏からレギュラーとして出場し、2年生の夏には3番サードとチームの主力選手として履正社高校初となる全国制覇に貢献しました。

高校通算35本のホームランを放つ左のスラッガーで、将来の4番候補としても期待ですね。

ベイスターズドラフト5位はヤマハの池谷蒼大

池谷蒼大

出典:nikkansports.com

ベイスターズのドラフト5位は唯一の社会人であるヤマハの池谷蒼大投手。

静岡高校では3年春に甲子園に出場。1回戦の不来方高戦では7回9奪三振1失点の好投で白星を上げています。

ヤマハでは2年目から中継ぎとして活躍。都市対抗、日本選手権それぞれで中継ぎとして登板し、無失点に抑えています。

池谷投手は147キロのストレートにスライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球を投げます。

中継ぎサウスポーとして1年目からの活躍に期待です。

ベイスターズドラフト6位は静岡商業の高田琢登

高田琢登

出典:nikkansports.com

ベイスターズのドラフト6位は静岡商業の高田琢登選手。

甲子園への出場はありませんが、3年夏に県予選準々決勝で強豪静岡高校相手に2失点の完投勝利をあげベスト4に進出に貢献しました。

高田選手の父親は静岡商業野球部の監督をしていて、親子二人三脚で成し遂げたプロ入りでした。

高田投手は最速148キロのストレートにスライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球を投じます。

ストレート、変化球ともに精度が高く、現時点で完成されたピッチャーです。

高校生左腕としては3位の松本とともに上位候補として評価されていたピッチャーなので6位での指名はお得感がありますね。

尊敬する選手は今永投手とのことで、将来は今永投手の後継者として左のエースに成長してほしいと思います。

 

育成ドラフトは法政大の石川達也と横浜隼人の加藤大

育成ドラフトでは2人を指名。

育成ドラフト1位は法政大の石川達也選手。

石川達也

出典:nikkansports.com

横浜高校時代は3年夏に甲子園に出場。

エース藤平(楽天)に次ぐ二番手として甲子園では2試合登板しました。

法政大では2年生の秋にリーグ戦で3勝をあげ、通算防御率1.42と素晴らしい成績を残しています。

今季は左手首の怪我の影響によりリーグ戦の登板がありませんが、3年生までの成績を見れば支配下での活躍も期待できそうです。

育成ドラフト2位は横浜隼人の加藤大投手。

加藤大

出典:nikkansports.com

甲子園への出場はありませんが、スリークォーターから放たれる最速151キロのストレートが武器の投手です。

育成ではどちらも地元横浜の高校出身選手を指名しました。

ベイスターズ2020ドラフトの総評

2020年は支配下で6名、育成で2名の指名でした。

1位候補の牧選手を2位指名、上位候補の高田選手を6位指名とお得感のあるドラフトでした。

また、即戦力大学生を上位指名し、将来性のある高校生を下位指名と、バランスのいいドラフトだったと思います。

ベイスターズはこれまでのドラフトでも結果が出ているので、今年指名された選手も活躍が期待できそうです。

【おすすめ】月額702円(税込)でパ・リーグの試合を見放題!!詳しくはこちら→ 楽天TV
DAZN

-DeNA
-

© 2021 スタジアム通信