プロ野球

【2021年7月,8月】プロ野球月間MVP候補一覧

今回はプロ野球2021年7月,8月の月間MVP候補を見ていきます。

セ・リーグの野手・投手、パ・リーグの野手・投手の順にまとめています。

7月,8月セ・リーグ月間MVP候補 打者

まずはセ・リーグ野手の月間MVP候補。

打率の高い選手、長打の多い選手が月間MVPに選ばれる傾向が多いため、打率上位10選手と長打率が加味されたOPS上位10選手を調べてみました。

対象:15試合以上出場

打率上位10位

No TM 名前 試合 打率 HR 打点 OPS
1 C 鈴木誠也 27 .333 9 27 1.155
2 G 岡本和真 26 .326 9 16 1.041
3 DB 宮﨑敏郎 25 .322 5 11 .923
4 T 近本光司 29 .322 4 13 .868
5 DB 桑原将志 24 .320 2 9 .890
6 C 西川龍馬 26 .313 1 4 .763
7 S 塩見泰隆 21 .310 1 11 .859
8 S オスナ 22 .307 3 14 .794
9 D ビシエド 27 .302 5 21 .837
10 C 坂倉将吾 27 .293 6 24 .927

OPS上位10位

No TM 名前 試合 打率 HR 打点 OPS
1 C 鈴木誠也 27 .333 9 27 1.155
2 G 岡本和真 26 .326 9 16 1.041
3 S 村上宗隆 22 .268 7 20 .985
4 T サンズ 29 .229 7 19 .850
5 G 丸佳浩 26 .283 7 16 .895
6 C 坂倉将吾 27 .293 6 24 .927
7 S 山田哲人 22 .275 6 18 .925
8 DB ソト 25 .241 6 12 .788
9 T 大山悠輔 29 .204 6 12 .718
10 D ビシエド 27 .302 5 21 .837

データ元:- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2021年度版 (sakura.ne.jp)

7月、8月と打撃が絶好調だったのが広島の鈴木誠也選手。

6月は月間打率.230と低調でしたが、7月に入ると状態が上向き、打率、本塁打、打点、OPSと主な打撃部門で全てトップの成績でした。

月間MVPは鈴木選手でほぼ確実かと思います。

鈴木選手に次ぐ成績を残したのが巨人の岡本選手。

ホームランは鈴木選手と同数の9本、打率、OPSもリーグ2位の好成績を残しました。

しかし、岡本選手は打点が16と1位の鈴木選手に11点差あり、月間MVPは厳しそうです。

セ・リーグ月間MVP候補打者

◎鈴木誠也

○岡本和真

△宮﨑敏郎

7月,8月セ・リーグ月間MVP候補 投手

続いて投手の月間MVP候補。

投手は選出の基準のイメージが強い防御率と勝利数の上位10選手を選出しました。

対象:投球回15回以上

防御率上位10位

No TM 名前 試合 防御率 三振
1 T 秋山拓巳 6 0.93 3 1 29 23
2 D 柳裕也 6 1.58 2 2 40 38
3 C 大瀬良大地 5 1.59 4 0 34 19
4 G メルセデス 5 2.10 4 0 30 32
5 S 奥川恭伸 4 2.70 2 1 26.7 25
6 T 青柳晃洋 5 2.73 3 0 33 20
7 DB 今永昇太 5 2.76 1 2 32.7 31
8 G 戸郷翔征 3 2.89 0 1 18.7 18
9 C 森下暢仁 5 3.27 2 2 33 26
10 D 福谷浩司 3 3.32 1 1 19 14

勝利数上位10位

No TM 名前 試合 防御率 三振
1 C 大瀬良大地 5 1.59 4 0 34 19
2 G メルセデス 5 2.10 4 0 30 32
3 T 秋山拓巳 6 0.93 3 1 29 23
4 T 青柳晃洋 5 2.73 3 0 33 20
5 C 九里亜蓮 5 5.14 2 1 28 18
6 C 森下暢仁 5 3.27 2 2 33 26
7 D 柳裕也 6 1.58 2 2 40 38
8 S 奥川恭伸 4 2.70 2 1 26.7 25
9 D 小笠原慎之介 5 4.03 1 4 29 27
10 D 福谷浩司 3 3.32 1 1 19 14


データ元:- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2021年度版 (sakura.ne.jp)

セ・リーグの先発投手で好成績をのこしたのが、広島の大瀬良選手。

大瀬良選手は5月上旬に右足を負傷し、6月は月間防御率6.33とイマイチでしたが、怪我が回復した7月以降は本来の実力を発揮。

5試合に登板し、リーグトップの4勝をあげ防御率1.59の成績でした。敗北も無いため、月間MVP最有力候補です。

また、巨人のメルセデス選手も4勝0敗の成績でしたが、防御率が2点台と大瀬良選手より低かったため月間MVPの可能性は低そうです。

また防御率0.93とトップの成績だったのが阪神の秋山選手。

秋山選手は3勝を挙げましたが、1敗がついていて、4勝0敗の大瀬良選手ほどインパクトが低い印象です。

セ・リーグ月間MVP候補投手

◎大瀬良大地

〇秋山拓巳

△メルセデス





7月,8月パ・リーグ月間MVP候補 打者

続いてぱパ・リーグ野手の月間MVP候補。

セ・リーグと同様に打率上位10選手とOPS上位10選手を調べてみました。

対象:月間規定打席数以上

打率上位10位

No TM 名前 試合 打率 HR 打点 OPS
1 L 森友哉 22 .380 0 7 .933
2 M 藤原恭大 24 .348 5 15 1.070
3 M 中村奨吾 24 .344 2 16 .912
4 H 柳田悠岐 25 .337 5 15 1.007
5 B 宗佑磨 24 .312 0 5 .732
6 B 吉田正尚 24 .310 5 18 .946
7 H 栗原陵矢 25 .309 3 15 .828
8 F 近藤健介 22 .303 0 7 .823
9 L 中村剛也 25 .295 5 19 .872
10 M 荻野貴司 24 .292 2 8 .777

OPS上位10位

No TM 名前 試合 打率 HR 打点 OPS
1 M 藤原恭大 24 .348 5 15 1.070
2 H 柳田悠岐 25 .337 5 15 1.007
3 B 吉田正尚 24 .310 5 18 .946
4 L 森友哉 22 .380 0 7 .933
5 E 島内宏明 25 .267 6 18 .931
6 M 中村奨吾 24 .344 2 16 .912
7 L 中村剛也 25 .295 5 19 .872
8 E 浅村栄斗 25 .284 4 11 .871
9 H 栗原陵矢 25 .309 3 15 .828
10 F 近藤健介 22 .303 0 7 .823

データ元:- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2021年度版 (sakura.ne.jp)

パリーグの打率トップは西武の森選手。

2019年の首位打者森選手ですが、7月以降安打を量産。8月は月間打率.476と驚異的な成績を残しました。

高打率の森選手でしたが本塁打が0本の為、インパクトは少し薄いです。

一方OPSトップだったのがロッテの藤原選手。

藤原選手は打撃不振で6月まで二軍での出場が続いていましたが、7月に一軍に昇格するとレギュラーに定着。

打率.348 5HR 15打点5盗塁 OPS1.070と素晴らしい成績を残しました。

森選手よりは打率は低いですが、他の部門は全て上回っているため月間MVP最有力候補です。

また、OPS2位の柳田選手も素晴らしい成績を残していますが、打率本塁打打点と藤原選手を上回った数字がない為、月間MVPの可能性は低そうです。

パ・リーグ月間MVP候補打者

◎藤原恭大

○森友哉

△柳田悠岐





7月,8月パ・リーグ月間MVP候補 投手

続いて投手の月間MVP候補。

セ・リーグと同様に防御率と勝利数の上位10選手を選出しました。

対象:月間規定投球回数以上

防御率上位10位

No TM 名前 試合 防御率 三振
1 B 山本由伸 4 0.84 4 0 32 32
2 H 石川柊太 3 1.78 1 0 20.2 25
3 H マルティネス 4 1.86 2 1 29 29
4 F 伊藤大海 4 1.93 3 1 28 24
5 E 田中将大 4 2.00 1 0 27 23
6 B 宮城大弥 5 2.12 3 0 34 20
7 E 岸孝之 6 2.18 3 2 37.1 40
8 L 髙橋光成 6 2.41 3 2 41 32
9 H 東浜巨 3 3.50 1 1 18 19
10 F 上沢直之 5 3.87 2 2 30.2 27

勝利数上位10位

No TM 名前 試合 防御率 三振
1 B 山本由伸 4 0.84 4 0 32 32
2 F 伊藤大海 4 1.93 3 1 28 24
3 B 宮城大弥 5 2.12 3 0 34 20
4 E 岸孝之 6 2.18 3 2 37.1 40
5 L 髙橋光成 6 2.41 3 2 41 32
6 H マルティネス 4 1.86 2 1 29 29
7 F 上沢直之 5 3.87 2 2 30.2 27
8 M 美馬学 3 4.19 2 0 17.2 14
9 H 石川柊太 3 1.78 1 0 20.2 25
10 E 田中将大 4 2.00 1 0 27 23

データ元:- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2021年度版 (sakura.ne.jp)

パ・リーグの先発投手で好成績をのこしたのが、オリックスの山本選手。

登板した4試合全てに勝利し、防御率は0.84と驚異的な成績を残しました。

プロ野球が再開した8月は2試合連続完封と圧巻のピッチング。

日本代表でも活躍した山本選手ですが、この夏は大車輪の活躍でチームに貢献しました。

6月月間MVPに輝いた山本選手ですが、2ヶ月連続受賞の可能性が高いです。

また、防御率上位には日ハムマルティネス選手や日ハム伊藤選手、楽天田中選手などオリンピックの代表選手が上位を占めました。

パ・リーグ月間MVP候補投手

◎山本由伸

○宮城大弥

△伊藤大海

 

【おすすめ】月額702円(税込)でパ・リーグの試合を見放題!!詳しくはこちら→ 楽天TV
DAZN

-プロ野球
-

© 2021 スタジアム通信