プロ野球

【2021年6月】プロ野球月間MVP候補一覧

今回はプロ野球2021年6月の月間MVP候補を見ていきます。

セ・リーグの野手・投手、パ・リーグの野手・投手の順にまとめています。

6月セ・リーグ月間MVP候補 打者

まずはセ・リーグ野手の月間MVP候補。

打率の高い選手、長打の多い選手が月間MVPに選ばれる傾向が多いため、打率上位10選手と長打率が加味されたOPS上位10選手を調べてみました。

対象:月間規定打席数以上

打率上位10位

名前 試合 打率 HR 打点 OPS
1 DB オースティン 19 .406 9 25 1.361
2 DB 桑原将志 22 .372 4 12 1.010
3 T 近本光司 23 .368 2 12 .946
4 C 坂倉将吾 24 .363 1 8 .905
5 C 林晃汰 25 .344 2 17 .854
6 DB 大和 22 .325 0 12 .811
7 T マルテ 23 .317 4 14 .947
7 S 青木宣親 22 .317 3 12 .933
9 S 山田哲人 23 .310 9 19 .997
10 G 松原聖弥 20 .310 4 7 .982

OPS上位10位

名前 試合 打率 HR 打点 OPS
1 DB オースティン 19 .406 9 25 1.361
2 G 岡本和真 22 .291 9 28 1.071
3 S 村上宗隆 23 .260 10 19 1.052
4 DB 桑原将志 22 .372 4 12 1.010
5 S 山田哲人 23 .310 9 19 .997
6 G 松原聖弥 20 .310 4 7 .982
7 T マルテ 23 .317 4 14 .947
8 T 近本光司 23 .368 2 12 .946
9 S 青木宣親 22 .317 3 12 .933
10 C 坂倉将吾 24 .363 1 8 .905

データ元:- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2021年度版 (sakura.ne.jp)

6月大活躍だったのがDeNAのオースティン選手。

打率.406、9HR、25打点、OPS1.361と驚異的な成績でした。打率は両リーグで唯一4割を超え、OPSは断トツの1.361でした。

打率2位はDeNAの桑原選手。打率.372、OPS1.010と長打のある1番打者としてチームを牽引しました。

一方打率ではランク外だった巨人の岡本選手がOPSではリーグ2位。10HR、28打点はともにリーグトップでした。

6月は6勝16敗と大不振だった広島ですが、林選手や坂倉選手など若手野手の活躍が目立ちました。

セ・リーグ月間MVP候補打者

◎オースティン

○桑原将志

△岡本和真

6月セ・リーグ月間MVP候補 投手

続いて投手の月間MVP候補。

投手は選出の基準のイメージが強い防御率と勝利数の上位10選手を選出しました。

対象:月間規定投球回数以上

防御率上位10位

名前 WHIP
1 T 青柳晃洋 1.20 4 4 0 30 24 0.90
2 T アルカンタラ 1.78 4 1 0 25.1 18 1.18
3 T 西勇輝 1.95 4 1 1 27.2 19 1.23
4 T 伊藤将司 2.52 4 1 2 25 13 1.16
5 D 勝野昌慶 3.13 4 0 2 23 12 1.09
6 C 森下暢仁 3.29 4 1 1 27.1 20 1.17
7 DB 今永昇太 3.38 4 2 1 24 21 1.04
8 D 大野雄大 3.42 4 1 3 26.1 18 1.10
9 D 柳裕也 3.90 4 2 2 27.2 21 1.08
10 G 戸郷翔征 4.00 4 3 1 27 26 1.11

勝利数上位10位

名前 WHIP
1 T 青柳晃洋 1.20 4 4 0 30 24 0.90
2 G 戸郷翔征 4.00 4 3 1 27 26 1.11
3 DB 今永昇太 3.38 4 2 1 24 21 1.04
3 D 柳裕也 3.90 4 2 2 27.2 21 1.08
5 T アルカンタラ 1.78 4 1 0 25.1 18 1.18
5 T 西勇輝 1.95 4 1 1 27.2 19 1.23
5 T 伊藤将司 2.52 4 1 2 25 13 1.16
5 C 森下暢仁 3.29 4 1 1 27.1 20 1.17
5 D 大野雄大 3.42 4 1 3 26.1 18 1.10
5 D 勝野昌慶 3.13 4 0 2 23 12 1.09

データ元:- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2021年度版 (sakura.ne.jp)

セの投手で大活躍だったのが阪神の青柳投手。

6月に登板した4試合全てに勝利し、防御率は1.20を記録。勝利数・防御率ともにリーグトップの成績でした。

6/4ソフトバンク戦8回1失点、6/11楽天戦8回1失点、6/22中日戦7回0失点、6/29ヤクルト戦7回2失点と全試合7イニング以上を投げ自責点2以下であるHQSを記録しました。

また、セ・リーグの防御率ランキングは1位青柳投手、2位アルカンタラ投手、3位西勇輝投手、4位伊藤投手と阪神勢が独占しました。

青柳投手以外はそれぞれ1勝のみと勝ち星に恵まれていなかったため、月間MVPは青柳投手で間違いありません。

セ・リーグ月間MVP候補投手

◎青柳晃洋

△アルカンタラ

△西勇輝





6月パ・リーグ月間MVP候補 打者

続いてぱパ・リーグ野手の月間MVP候補。

セ・リーグと同様に打率上位10選手とOPS上位10選手を調べてみました。

対象:月間規定打席数以上

打率上位10位

名前 試合 打率 HR 打点 OPS
1 B 杉本裕太郎 22 .375 5 19 1.113
2 B 福田周平 23 .360 0 10 .873
3 E 小深田大翔 22 .348 1 5 .852
4 M レアード 22 .342 5 16 1.001
5 E 岡島豪郎 22 .330 3 11 .862
6 B 吉田正尚 23 .317 3 10 .892
7 F 近藤健介 22 .314 1 7 .884
8 H 三森大貴 20 .312 0 5 .821
9 M 安田尚憲 21 .311 0 7 .736
10 M 荻野貴司 22 .299 1 8 .745

OPS上位10位

名前 試合 打率 HR 打点 OPS
1 B 杉本裕太郎 22 .375 5 19 1.113
2 M レアード 22 .342 5 16 1.001
3 B 吉田正尚 23 .317 3 10 .892
4 F 近藤健介 22 .314 1 7 .884
5 E 島内宏明 22 .263 3 18 .880
6 B 福田周平 23 .360 0 10 .873
7 L 山川穂高 24 .224 6 16 .867
8 H 柳田悠岐 23 .253 6 13 .865
9 E 岡島豪郎 22 .330 3 11 .862
10 E 小深田大翔 22 .348 1 5 .852

データ元:- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2021年度版 (sakura.ne.jp)

パリーグではオリックス勢が活躍。

4番杉本選手は打率.375、OPS1.113はそれぞれリーグトップの成績でした。

昨シーズンまで1軍での出場が少なかった杉本選手ですが、今シーズンは開幕からレギュラーに定着。

7/1現在打率リーグ2位、本塁打リーグ3位、打点リーグ2位と大ブレイクしています。

また、オリックスの1番福田選手は6月の月間打率.360と杉本選手に次ぐ成績でした。

今シーズンは3月30日に登録抹消され、1軍再昇格が5月中旬と二軍生活が続いていましたが、6月は1番打者として申し分のない成績を残しました。

オリックスは杉本選手、福田選手などの活躍もあり、37年ぶりの11連勝を達成し、交流戦優勝。

オリックスは6月16勝4敗と大躍進の1ヶ月でした。

パ・リーグ月間MVP候補打者

◎杉本裕太郎

○福田周平

△レアード





6月パ・リーグ月間MVP候補 投手

続いて投手の月間MVP候補。

セ・リーグと同様に防御率と勝利数の上位10選手を選出しました。

対象:月間規定投球回数以上

防御率上位10位

名前 WHIP
1 B 山本由伸 0.64 4 3 0 28 39 0.68
2 B 宮城大弥 1.08 4 3 1 25 28 0.80
3 F 上沢直之 2.20 4 2 1 28.2 22 1.08
4 H 東浜巨 2.42 4 2 0 26 16 1.23
5 H マルティネス 2.52 4 1 1 25 22 1.40
6 M 岩下大輝 2.66 4 2 1 23.2 18 1.35
7 L 今井達也 2.67 4 2 0 27 19 1.52
8 L 松本航 2.73 5 3 0 29.2 21 1.45
9 H レイ 3.12 4 1 1 26 23 0.92
10 E 田中将大 3.81 4 1 2 26 25 1.23

勝利数上位10位

TM 名前 WHIP
1 B 山本由伸 0.64 4 3 0 28 39 0.68
1 B 宮城大弥 1.08 4 3 1 25 28 0.80
1 L 松本航 2.73 5 3 0 29.2 21 1.45
4 F 上沢直之 2.20 4 2 1 28.2 22 1.08
4 H 東浜巨 2.42 4 2 0 26 16 1.23
4 M 岩下大輝 2.66 4 2 1 23.2 18 1.35
4 L 今井達也 2.67 4 2 0 27 19 1.52
4 M 小島和哉 3.91 4 2 0 25.1 16 1.14
9 H マルティネス 2.52 4 1 1 25 22 1.40
9 H レイ 3.12 4 1 1 26 23 0.92

データ元:- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2021年度版 (sakura.ne.jp)

パ・リーグは投手部門でもオリックス勢が躍進。

防御率トップの山本投手は防御率0.64と両リーグ唯一の防御率0点台でした。

山本投手は4試合で28イニングを投げ自責点はわずかに2点。

6/25の西武戦では7回無失点と好投も中継ぎ陣が打ち込まれ勝ち星を逃してしまいましたが、他の試合は全て勝利しリーグトップタイの3勝を挙げました。

また、山本投手は交流戦で登板した全ての試合に勝利し交流戦MVPを受賞しています。

防御率2位は同じくオリックスの宮城投手。

3勝1敗防御率1.08と素晴らしい成績を残しました。

6月は山本投手の成績が凄すぎたため月間MVPは難しそうですが、本来であれば受賞してもおかしくない成績です。

高卒2年目の宮城投手は7/1現在、2021年シーズンの防御率1.93(リーグ2位)、勝利数8(リーグトップ)と大ブレイク中。

今年のオールスターファン投票では同僚の山本投手やメジャーから復帰した楽天田中投手を抑えて1位になりました。

パ・リーグ月間MVP候補投手

◎山本由伸

○宮城大弥

6月月間MVP受賞者 2021/7/7追記

7/7に6月の月間MVP選手が発表されました。

セ・リーグの野手はDeNAオースティン選手、投手は阪神青柳晃洋投手が受賞。

パ・リーグの野手はオリックスの杉本裕太郎選手、投手はオリックスの山本由伸投手が受賞しました。

セ・リーグ

・オースティン(2回目)打率.406 9HR 25打点 OPS1.361

・青柳晃洋(初)4試合 4勝0敗 防御率1.20

パ・リーグ

・杉本裕太郎(初)打率.375 5HR 19打点 OPS1.113

・山本由伸(2回目)4試合 3勝0敗 防御率0.64

【おすすめ】月額702円(税込)でパ・リーグの試合を見放題!!詳しくはこちら→ 楽天TV
DAZN

-プロ野球
-

© 2021 スタジアム通信