プロ野球

プロ野球 練習試合 個人成績

6月に再開された練習試合の個人成績をまとめました。

まずは打率上位(打席数:25以上)

1位は西武の新外国人選手、スパンジェンバーグ選手でした。

スパンジェンバーグ選手は打率だけでなく本塁打も4本放っており、長打も期待できる選手です。

強力な西武打線の破壊力がさらに増しますね。

また、西武では昨シーズン9番で出場していた木村選手も打率4割越えに本塁打3本を放っています。

秋山選手がいなくなった西武ですが、今年も変わらずすごい打線です。

2位には日ハムの近藤選手が打率.462をマークしました。

ミート力の高い近藤選手であれは、試合数が少ない今シーズンは打率.400越えの可能性もありますね。

打率上位選手を見てみると、近藤選手を除き、これまで打率.300を超えたことのない選手達が並んでいます。

練習試合打率上位選手の中から首位打者が出るか要注目ですね。

続いて本塁打上位(打席数:25以上)

1位は柳田選手。12試合で本塁打は6本と2試合に1本のペースでした。

去年は怪我でほとんど出場が無かった柳田選手ですが、今年は怪我さえなければ初の本塁打王も狙えますね。

他の上位選手は主に外国人選手ですが、日本人では山川選手や岡本選手など昨シーズン30本以上放っているスラッガーが上位に入りました。

今シーズンも期待できそうですね。

最後に打点上位(打席数:25以上)

打点は本塁打上位の選手が上位を占めています。

打点1位の広島メヒア選手はこれまでレギュラーシーズン規定打席に到達したことがないので、今年はどんな成績が残せるのか楽しみですね。

【おすすめ】月額702円(税込)でパ・リーグの試合を見放題!!詳しくはこちら→ 楽天TV
DAZN

-プロ野球

© 2021 スタジアム通信