プロ野球

【2021年5月】プロ野球月間MVP候補一覧

今回はプロ野球2021年5月の月間MVP候補を見ていきます。

セ・リーグの野手・投手、パ・リーグの野手・投手の順にまとめています。

2021年6月の月間MVP候補の記事はこちら↓

【2021年6月】プロ野球月間MVP候補一覧

続きを見る

2021年7月,8月の月間MVP候補の記事はこちら↓

【2021年7月,8月】プロ野球月間MVP候補一覧

続きを見る

 

5月セ・リーグ月間MVP候補 打者

まずはセ・リーグ野手の月間MVP候補。

打率の高い選手、長打の多い選手が月間MVPに選ばれる傾向が多いため、打率上位10選手と長打率が加味されたOPS上位10選手を調べてみました。

対象:月間規定打席数以上

打率上位10位

名前 TM 打率 HR 打点 OPS
1 塩見泰隆 S 19 .383 3 8 1.031
2 近本光司 T 19 .347 1 7 .870
3 佐野恵太 DB 22 .344 3 7 .897
4 オースティン DB 22 .338 5 12 1.068
5 サンタナ S 21 .329 3 15 .940
6 サンズ T 19 .324 5 9 .968
7 ビシエド D 21 .321 4 14 .904
8 オスナ S 21 .313 2 9 .858
9 阿部寿樹 D 19 .306 1 5 .830
10 佐藤輝明 T 19 .301 6 19 .985

OPS上位10位

名前 TM 打率 HR 打点 OPS
1 オースティン DB 22 .338 5 12 1.068
2 塩見泰隆 S 19 .383 3 8 1.031
3 佐藤輝明 T 19 .301 6 19 .985
4 サンズ T 19 .324 5 9 .968
5 サンタナ S 21 .329 3 15 .940
6 ソト DB 22 .280 7 21 .936
7 岡本和真 G 22 .279 9 20 .916
8 ビシエド D 21 .321 4 14 .904
9 佐野恵太 DB 22 .344 3 7 .897
10 近本光司 T 19 .347 1 7 .870

データ元:- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2021年度版 (sakura.ne.jp)

セ・リーグの打率トップはヤクルトの塩見選手。

塩見選手は5/25から始まった交流戦の6試合で26打数13安打で打率.500と打ちまくりました。

これまでレギュラーとして1年間活躍したことが無い塩見選手ですが、今年は飛躍のシーズンになるか注目です。

一方、OPSのトップがDeNAのオースティン選手。

コロナの影響で来日が4月にずれ込み、4月中は調整不足もありましたが、5月からは本来の力を発揮しました。

他には、リーグトップ9HRの巨人岡本選手や打率.301、6HR、19打点の好成績を残した阪神のルーキー佐藤選手も選ばれる可能性がありそうです。

セ・リーグ月間MVP候補打者

◎塩見泰隆

○オースティン

△岡本和真

△佐藤輝明

5月セ・リーグ月間MVP候補 投手

続いて投手の月間MVP候補。

投手は選出の基準のイメージが強い防御率と勝利数の上位10選手を選出しました。

対象:月間規定投球回数以上

防御率上位10位

名前 TM WHIP
1 柳裕也 D 0.82 3 2 0 22 26 0.77
2 濵口遥大 DB 1.38 4 1 1 26 22 0.96
3 田口麗斗 S 1.85 4 1 1 24.1 20 1.36
4 九里亜蓮 C 2.40 2 2 0 15 9 0.87
5 ピープルズ DB 2.45 4 2 1 22 20 0.95
6 小笠原慎之介 D 2.66 4 2 0 23.2 18 1.27
7 小川泰弘 S 2.77 4 3 0 26 16 0.96
8 床田寛樹 C 3.00 3 0 0 15 9 2.20
9 福谷浩司 D 3.04 4 2 2 23.2 22 1.35
10 髙橋優貴 G 3.20 4 1 1 25.1 18 1.30

勝利数上位10位

名前 TM WHIP
1 小川泰弘 S 2.77 4 3 0 26 16 0.96
2 戸郷翔征 G 4.09 4 3 0 22 17 1.55
3 サンチェス G 4.32 4 3 1 25 15 1.32
4 柳裕也 D 0.82 3 2 0 22 26 0.77
5 九里亜蓮 C 2.40 2 2 0 15 9 0.87
6 ピープルズ DB 2.45 4 2 1 22 20 0.95
7 小笠原慎之介 D 2.66 4 2 0 23.2 18 1.27
8 福谷浩司 D 3.04 4 2 2 23.2 22 1.35
9 濵口遥大 DB 1.38 4 1 1 26 22 0.96
10 田口麗斗 S 1.85 4 1 1 24.1 20 1.36

データ元:- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2021年度版 (sakura.ne.jp)

セ・リーグの防御率トップは中日の柳投手。

防御率0.82は両リーグ唯一の0点台でした。

柳投手は5/9広島戦を8回無失点、5/16ヤクルト戦を7回2失点、5/25ソフトバンク戦を7回無失点と3試合全てHQSのピッチングでした。

素晴らしい成績でしたが、試合数が3試合と少ないのが懸念点ですね。

勝利数では小川投手、戸郷投手、サンチェス投手がそれぞれトップタイの3勝を挙げました。

戸郷投手、サンチェス投手は防御率4点台と打線の援護によるものでしたが、小川投手は防御率2.77の好成績を残しました。

小川投手は5/2のDeNA戦で2.0回6失点と炎上し二軍降格となりましたが、再昇格後の5/15の中日戦で9回99球で完封とマダックスを達成。

その後の2試合でも好投し3勝を挙げました。

セ・リーグ月間MVP候補投手

◎柳裕也

○小川泰弘





5月パ・リーグ月間MVP候補 打者

続いてぱパ・リーグ野手の月間MVP候補。

セ・リーグと同様に打率上位10選手とOPS上位10選手を調べてみました。

対象:月間規定打席数以上

打率上位10位

名前 TM 試合 打率 HR 打点 OPS
1 岡島豪郎 E 24 .398 2 11 1.064
2 吉田正尚 B 23 .382 6 24 1.097
3 荻野貴司 M 21 .333 4 13 .882
3 若林楽人 L 18 .333 1 5 .815
3 中村晃 H 24 .333 1 10 .938
6 森友哉 L 21 .319 3 9 .992
7 柳田悠岐 H 24 .319 7 20 1.023
8 宗佑磨 B 23 .318 3 10 .914
9 中村奨吾 M 21 .315 1 12 .884
10 栗原陵矢 H 24 .311 2 8 .819

OPS上位10位

名前 TM 試合 打率 HR 打点 OPS
1 吉田正尚 B 23 .382 6 24 1.097
2 レアード M 21 .303 9 23 1.094
3 岡島豪郎 E 24 .398 2 11 1.064
4 柳田悠岐 H 24 .319 7 20 1.023
5 森友哉 L 21 .319 3 9 .992
6 中村晃 H 24 .333 1 10 .938
7 杉本裕太郎 B 22 .279 8 19 .931
8 宗佑磨 B 23 .318 3 10 .914
9 マーティン M 21 .232 6 15 .890
10 中村奨吾 M 21 .315 1 12 .884

データ元:- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2021年度版 (sakura.ne.jp)

パリーグの打率トップは楽天の岡島選手。

開幕は二軍で迎えた岡島選手でしたが、5月に入りスタメンに定着すると安打を量産。

DeNAとの三連戦では11打数8安打と連日の猛打で月間打率.398を記録しました。

打率2位がオリックスの吉田選手。

昨シーズン首位打者の実力を発揮し、打率.382を記録しました。

吉田選手は打率だけでなく本塁打も6本放ちOPSはパリーグトップの1.097を記録しました。

また、OPSリーグ2位のレアード選手はリーグトップとなる9本塁打を記録。

だれが選ばれてもおかしくありません。

パ・リーグ月間MVP候補打者

◎岡島豪郎

○吉田正尚

△レアード

5月パ・リーグ月間MVP候補 投手

続いて投手の月間MVP候補。

セ・リーグと同様に防御率と勝利数の上位9選手を選出しました。

対象:月間規定投球回数以上

防御率上位9位

名前 TM WHIP
1 マルティネス H 1.97 5 4 1 32 34 0.88
2 上沢直之 F 2.00 4 2 0 27 21 0.85
3 田中将大 E 2.31 5 1 2 35 28 0.97
4 石川柊太 H 2.60 4 2 1 27.2 25 1.12
5 髙橋光成 L 2.67 4 1 0 27 21 1.33
6 美馬学 M 2.93 4 1 2 27.2 28 1.05
7 宮城大弥 B 3.51 4 3 0 25.2 26 0.94
8 早川隆久 E 3.73 5 3 0 31.1 29 1.15
9 山本由伸 B 4.10 4 1 3 26.1 30 1.37

勝利数上位9位

名前 TM WHIP
1 マルティネス H 1.97 5 4 1 32 34 0.88
7 宮城大弥 B 3.51 4 3 0 25.2 26 0.94
8 早川隆久 E 3.73 5 3 0 31.1 29 1.15
2 上沢直之 F 2.00 4 2 0 27 21 0.85
4 石川柊太 H 2.60 4 2 1 27.2 25 1.12
3 田中将大 E 2.31 5 1 2 35 28 0.97
5 髙橋光成 L 2.67 4 1 0 27 21 1.33
6 美馬学 M 2.93 4 1 2 27.2 28 1.05
9 山本由伸 B 4.10 4 1 3 26.1 30 1.37

データ元:- nf3 - Baseball Data House Phase1.0 2021年度版 (sakura.ne.jp)

パ・リーグの防御率トップはソフトバンクのマルティネス投手。

防御率は1.97を記録しました。

マルティネス投手は今シーズンより日ハムからソフトバンクに入団。

コロナの影響で来日が遅れましたが、初登板となる5/1のオリックス戦で6回無失点で勝ち投手になるなど、5月だけで4勝とリーグトップの勝ち星を挙げました。

また、先発投手ではありませんが、西武の中継ぎ平良投手が12試合に登板し防御率0.00を記録。

登板した試合は全て僅差で終盤の場面でしたが、9ホールド、3セーブと完璧な投球をみせました。

4月も無失点だった平良投手は5/29の登板でパリーグタイ記録となる開幕26回連続無失点を達成。

記録のインパクトもあるので中継ぎ投手ですが、月間MVP最有力候補です。

パ・リーグ月間MVP候補投手

◎平良海馬

○マルティネス

 

5月月間MVP受賞者 2021/6/9追記

6/9に5月の月間MVP選手が発表されました。

セ・リーグの野手は阪神のルーキー佐藤輝明選手、投手は阪神スアレス投手が受賞。

パ・リーグの野手はオリックスの吉田正尚選手、投手はソフトバンクのマルティネス投手が受賞しました。

セ・リーグ

・佐藤輝明(初)打率.301 6HR 19打点 OPS.985

・スアレス(初)12試合 防御率0.00  9S

パ・リーグ

・吉田正尚(4回目)打率.382 6HR 24打点 OPS1.097

・マルティネス(初)5試合 4勝1敗 防御率1.97

【おすすめ】月額702円(税込)でパ・リーグの試合を見放題!!詳しくはこちら→ 楽天TV
DAZN

-プロ野球
-

© 2021 スタジアム通信