プロ野球 高校野球

大阪桐蔭卒のプロ野球選手一覧

高校野球界で全国屈指の強豪校である大阪桐蔭。

甲子園で春夏優勝8回と素晴らしい成績を残していますが、プロ入り後に活躍する選手も数多くいます。

そこで、今回は大阪桐蔭卒のプロ野球選手の中でも活躍した8選手の成績をまとめました。

大阪桐蔭卒のプロ野球選手

今中慎二

通算成績

233試合91勝61敗1395.1回1129奪三振 防御率3.15

タイトル:最多勝1回、最多奪三振1回、沢村賞1回、ベストナイン1回、ゴールデングラブ賞1回

1988年にドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。

現役時は先発左腕としてチームのエースとして活躍し、1993年には17勝7敗247奪三振 防御率2.20の成績で沢村賞を獲得しました。

選手の特徴としては、150キロを超えるストレートと大きく曲がるスローカーブを得意球とし、先発投手としては74完投とスタミナのあるピッチャーでした。

中村剛也

通算成績

1743試合1522安打424HR1197打点 打率.254 OPS.865

タイトル:本塁打王6回、打点王4回、ベストナイン7回

2001年にドラフト2位で西武ライオンズに入団。

3年目に22本塁打を放ちブレイクすると2008年には自身初の本塁打王を獲得し、チームの日本一に貢献。

2011年は低反発球の導入でリーグ全体での本塁打数が激減する中、中村選手は48本塁打で本塁打王を獲得。

このシーズンのリーグ2位松田選手の25本塁打に大差をつけるだけでなく、ロッテのチーム本塁打46本を一人で上回るなど驚異的な成績でした。

2020年終了時の通算本塁打424本は歴代16位、本塁打王6回は王貞治、野村克也に次ぐ歴代3位と素晴らしい成績を残しています。

また、通算満塁本塁打数21本は歴代1位の記録。2位王貞治の15本に6本差と大きく引き離しています。

今後どれだけ本塁打を積み重ねていくのか楽しみですね。

西岡剛

通算成績

1125試合1191安打61HR383打点196盗塁 打率.288 OPS.764

タイトル:首位打者1回、盗塁王2回、最多安打1回、ベストナイン4回、ゴールデングラブ賞3回

2002年にドラフト1位で千葉ロッテマリーンズに入団。

3年目の2005年にレギュラーに定着すると盗塁王を獲得し、チームの日本一に貢献。

翌年の2006年には第一回WBCの代表選手に選出され、打率.355 2HR 8打点 5盗塁 OPS1.060の大活躍で世界一に貢献しました。

2010年はフルイニングに出場し、打率.346で自身初の首位打者を獲得し、チームを日本一に導きました。

ショートでの打率.346は2021年現在も歴代最高打率となっています。

平田良介

通算成績

1155試合1022安打104HR470打点 打率.271 OPS.773

タイトル:ベストナイン1回、ゴールデングラブ賞1回

2005年にドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。

高校時代は通算70HRと長打力が持ち味でしたが、プロ入り後は中距離打者として活躍。

レギュラーに定着した2011年から6年連続二桁本塁打を放つと、2018年にはリーグ3位となる打率.329の好成績を残しました。

大阪桐蔭卒の外野手で最も活躍している選手です。

中田翔

通算成績

1422試合1325安打257HR937打点 打率.252 OPS.767

タイトル:打点王3回、ベストナイン5回、ゴールデングラブ賞4回

2007年にドラフト1位で日本ハムファイターズに入団。

4年目の2011年に初めて規定打席に到達。18HR91打点の成績を残しました。

中田選手はレギュラーに定着して以降安定した成績を残し、2011年~2020年までの10年間で平均24.8HR、91.4打点と長年にわたりチームの4番として大きく貢献しています。

中田選手は得点圏にランナーを置いた状態での打撃が持ち味で2020年シーズンまでに100打点越えが5回、打点王3回と4番打者としてすばらしい成績を残しています。

また、中田選手は国際大会でも勝負強さを発揮し、2015年のプレミア12では8試合に出場し、打率.429 3HR15打点OPS1.349、2017年のWBCでは8試合で3HRの好成績を残しました。

大阪桐蔭卒の外野手で最も活躍している選手です。

浅村栄斗

通算成績

1376試合1438安打212HR841打点 打率.284 OPS.833

タイトル:本塁打王1回、打点王2回、ベストナイン6回、ゴールデングラブ賞2回

2008年にドラフト1位で西武ライオンズに入団。

3年目の2011年にレギュラーに定着すると、5年目の2013年に打率.317、27HR、110打点、OPS.943の成績を残し平成生まれ初となる打点王を獲得しました。

高校時代は細身の1番打者として活躍していましたが、プロ入り後は中距離タイプから長距離砲にモデルチェンジをし、2018年以降は3年連続で30HR越えとリーグを代表するスラッガーに成長しました。

藤浪晋太郎

通算成績

152試合51勝46敗879.1回894奪三振 防御率3.32

タイトル:最多奪三振1回

藤浪投手は大阪桐蔭のエースとして同校史上初となる春夏連覇に貢献。

2012年に4球団競合の末、ドラフト1位で阪神タイガースに入団します。

プロ入り1年目から先発投手としてプレーをし、10勝6敗、防御率2.75と高卒1年目としては驚異的な成績を残しました。

2年目にも二桁勝利を挙げると、3年目には14勝7敗221奪三振、防御率2.40とリーグを代表するピッチャーへと成長しました。

このまま順調に成績を残すかと思いましたが、4年目以降はコントロールに苦しみ成績が下降。

4年目には1億7000万円あった年俸が2020年終了時に6000万円と年々年俸が減少しています。

苦しいシーズンが続いている藤浪投手ですが、2021年シーズンは開幕投手に指名されるなど復活が期待されています。

森友哉

通算成績

699試合684安打83HR370打点 打率.291 OPS.841

タイトル:首位打者1回、ベストナイン2回

2013年にドラフト1位で西武ライオンズに入団。

2年目に指名打者としてレギュラーに定着すると、打率.275、17HR、68打点、OPS.825の好成績を残します。

4年目までは正捕手に炭谷選手がいたこともあり、指名打者としての出場が続いていましたが、5年目からはキャッチャーのレギュラーに定着。

6年目の2019年には打率.329、23HR、105打点、OPS.959の成績で首位打者を獲得し、チームのリーグ2連覇に大きく貢献しました。

大阪桐蔭卒のプロ野球選手一覧

名前 卒業年度 指名順位 経歴
今中慎二 1988年度 1位 中日
桐山明佳 1988年度 日本ハム
大西崇之 1987年度中退 6位 鹿児島商工高校-亜細亜大学-天城ベ-スボ-ルクラブ-中日-巨人
萩原誠 1991年度 1位 阪神-近鉄
背尾伊洋 1991年度 5位 近鉄-巨人
渕脇芳行 1992年度 6位 近鉄
川井貴志 1994年度 3位 城西大学-ロッテ-楽天
森本学 1995年度 6位 福井工業大学-シダックス-ダイエ--ソフトバンク
北川利之 1996年度 6位 法政大学-川崎製鉄水島-横浜
谷口悦司 1997年度 4位 日本生命-近鉄-オリックス
福井強 1998年度 8位 プリンスホテル-西武
水田圭介 1998年度 7位 プリンスホテル-西武-阪神-中日-ヤクルト
桟原将司 2000年度 4位 新日鉄広畑-阪神-西武
中村剛也 2001年度 2位 西武
岩田稔 2001年度 希望枠 関西大学-阪神
西岡剛 2002年度 1位 ロッテ-ツインズ-阪神
三島輝史 2003年度 5位 ロッテ
高島毅 2004年度 4位 青山学院大学-オリックス
辻内崇伸 2005年度 1位 巨人
平田良介 2005年度 1位 中日
丸毛謙一 2006年度 育成8位 大阪経済大学-巨人-オリックス
中田翔 2007年度 1位 日本ハム
岡田雅利 2007年度 6位 大阪ガス-西武
浅村栄斗 2008年度 3位 西武-楽天
江村直也 2010年度 5位 ロッテ
西田直斗 2011年度 3位 阪神
山足達也 2011年度 8位 立命館大学-ホンダ鈴鹿-オリックス
藤浪晋太郎 2012年度 1位 阪神
澤田圭佑 2012年度 8位 立教大学-オリックス
森友哉 2013年度 1位 西武
中村和希 2013年度 育成3位 天理大学-楽天
香月一也 2014年度 5位 ロッテ-巨人
正隨優弥 2014年度 6位 亜細亜大学-広島
青柳昴樹 2015年度 6位 DeNA
福田光輝 2015年度 5位 法政大学-ロッテ
高山優希 2016年度 5位 日本ハム
根尾昂 2018年度 1位 中日
藤原恭大 2018年度 1位 ロッテ
横川凱 2018年度 4位 巨人
柿木蓮 2018年度 5位 日本ハム
中田惟斗 2019年度 育成3位 オリックス
仲三河優太 2020年度 7位 西武
にほんブログ村 野球ブログへ
DAZN

-プロ野球, 高校野球
-

© 2021 スタジアム通信