高校野球

【岩手】高校野球強豪校ランキング

今回は岩手県における野球部強豪校をランキングにしてまとめてみました。

岩手高校野球強豪校ランキング

2001年~2019年までの夏の岩手県大会の成績を基準にランキングを作成しました。

このランキングは、優勝:4点、準優勝:2点、ベスト4:1点、ベスト8:0.5点でスコア化したものです。

岩手強豪校ランキングトップ10

ランキングトップ10をまとめた表はこちらです。

No 高校名 優勝 準優 4強 8強
1 盛岡大付 8 4 4 2 45
2 花巻東 8 2 2 1 38.5
3 一関学院 2 3 6 1 20.5
4 専大北上 1 2 5 4 15
5 盛岡中央 0 2 2 5 8.5
6 盛岡四 0 0 4 5 6.5
7 大船渡 0 1 2 4 6
8 盛岡一 0 1 2 1 4.5
9 福岡 0 1 1 3 4.5
10 久慈 0 1 0 4 4

1位盛岡大付属

優勝:8回、準優勝:4回、4強:4回、8強:2回

合計値:45

1位は盛岡大付属。2001年以降の優勝回数は8回でした。

盛岡大付属は2001年以降18年連続ベスト8以上と県内屈指の強さを誇ります。

夏の甲子園では初出場から7大会連続初戦敗退と勝てない年が続いていましたが、2014年は優勝候補東海大相模を4-3で破り初勝利を果たしました。

また、2017年は甲子園で春夏連続ベスト8と全国区でも力を発揮しています。

主な卒業生

松本祐樹、杉山晃基

2位花巻東

優勝:8回、準優勝:2回、4強:2回、8強:1回

合計値:38.5

2位は花巻東。2001年以降の優勝回数は1位盛岡大付属と並び8回でした。

甲子園では2009年に春夏連続で出場。この年はエース菊池投手が相手打線を圧倒しました

センバツでは岩手県勢初の決勝に進出。決勝では清峰に0-1で惜しくも敗れ準優勝となりましたが、岩手県勢最高の成績を残しました。

菊池投手はこの年のセンバツで1回戦鵡川、2回戦明豊と連続完封し、大会全体で40イニングを投げ防御率0.68と素晴らしい成績を残しました。

また、2009年は夏の選手権でも同校最高となるベスト4に進出と花巻東史上最強のチームでした。

主な卒業生

菊池雄星、大谷翔平、岸里亮佑、高橋樹也

3位一関学院

優勝:2回、準優勝:3回、4強:6回、8強:1回

合計値:20.5

3位は一関学院。2001年以降の優勝回数2回でした。

2002年は校名が一関商業から一関学院に変更されて初の甲子園出場となりました。

この年甲子園では樟南相手に1-0で勝利しましたが、この試合以降甲子園での勝利がありません。

2010年は夏の県大会決勝で盛岡大付属に勝利し8年ぶりの夏の甲子園出場を決めましたが、甲子園では遊学館に0-11で敗退しています。

岩手県ではこの年を最後に花巻東と盛岡大付属以外の高校が夏の県大会を制覇できていません。

主な卒業生

高島覚

4位専大北上

優勝:1回、準優勝:2回、4強:5回、8強:4回

合計値:15

4位は専大北上。2001年以降の優勝回数は1回でした。

専大北上は2006年夏の県大会で決勝に進出し盛岡大付属に2-1で勝利し甲子園出場を決めました。

翌年2007年も決勝に進出。花巻東相手に9回表まで3-2でリードしていましたが、9回裏に逆転サヨナラで敗れ準優勝となりました。

この年以降ベスト4、ベスト8には進出しますが、決勝までは勝ち進むことができていません。

主な卒業生

畠山和洋、梶本勇介

5位盛岡中央

優勝:0回、準優勝:2回、4強:2回、8強:5回

合計値:8.5

5位は盛岡中央。

2001年以降優勝はありませんが、19年間でベスト8以上が9回と安定した成績を残しています。

2005年夏の県大会で5年ぶりの決勝に進出しますが、花巻東に1-2と惜しくも敗退。

2008年にも決勝に進出すると盛岡大付属に1-0と9回表までリードしていましたが、9回裏に同点に追いつかれると10回にはサヨナラ打を打たれ敗れました。

主な卒業生

銀次

 

他地区のランキングはこちら

【北海道・東北】

北北海道 南北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島

【関東】

東東京 西東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨

【近畿】

大阪 兵庫 京都 奈良 和歌山 滋賀

【おすすめ】月額702円(税込)でパ・リーグの試合を見放題!!詳しくはこちら→ 楽天TV
DAZN

-高校野球
-

© 2021 スタジアム通信