高校野球

【群馬】高校野球強豪校ランキング

今回は群馬県における野球部強豪校をランキングにしてまとめてみました。

群馬高校野球強豪校ランキング

2001年~2019年までの夏の群馬県大会の成績を基準にランキングを作成しました。

このランキングは、優勝:4点、準優勝:2点、ベスト4:1点、ベスト8:0.5点でスコア化したものです。

群馬強豪校ランキングトップ10

ランキングトップ10をまとめた表はこちらです。

No 高校名 優勝 準優 4強 8強
1 前橋育英 5 0 3 4 25
2 桐生第一 4 2 4 1 24.5
3 健大高崎 3 3 1 3 20.5
4 前橋商 3 2 1 5 19.5
5 前橋工 1 3 3 2 14
6 高崎商 1 1 4 2 11
7 桐生市商 1 1 3 3 10.5
8 樹徳 0 2 1 8 9
9 東農大二 1 1 2 1 8.5
10 太田市商 0 2 1 0 5

1位前橋育英

優勝:5回、準優勝:0回、4強:3回、8強:4回

合計値:25

1位は前橋育英。

2013年は2年生エース高橋光成を擁し夏の群馬を初制覇。

甲子園でも横浜高校や常総学院などの強豪校を次々と倒していき初出場で初優勝を飾りました。

また、2016年から夏の群馬を4連覇するなど県内屈指の強豪校です。

主な卒業生

神戸文也、髙橋光成、小川龍成

2位桐生第一

優勝:4回、準優勝:2回、4強:4回、8強:1回

合計値:24.5

2位は桐生第一。2001年の優勝回数は前橋育英に次ぐ4回でした。

1999年に群馬県勢初の優勝を決めた桐生第一ですが、2003年の夏の甲子園でもベスト4に進出し全国でもトップクラスの成績を残していました。

2000年代は群馬一の成績を残していましたが、2010年代に入ってからは前橋育英、健大高崎の台頭もあり優勝がありません。

春のセンバツには2010年代も出場しているだけにそろそろ夏の甲子園も決めたいところです。

主な卒業生

小林正人、正田樹、一場靖弘、小島脩平、松井雅人、藤岡貴裕

3位健大高崎

優勝:3回、準優勝:3回、4強:1回、8強:3回

合計値:20.5

3位は健大高崎。

健大高崎は以前は女子高でしたが、2001年より共学に変更されました。

共学になってから10年後の2011年に初優勝を決めました。

甲子園ではセンバツで8強2回、4強1回、選手権で8強1回と全国にも通用する力を持っています。

健大高崎と言えば走力を活かした野球が象徴で『機動破壊』と他校から恐れられています。

また、健大高崎は校歌も特徴的で、『Be together』から始まる歌詞は珍しさもあり高校野球ファンからも人気があります。

主な卒業生

三ツ間卓也、長坂拳弥、柘植世那、湯浅大、山下航汰

4位前橋商業

優勝:3回、準優勝:2回、4強:1回、8強:5回

合計値:19.5

4位は前橋商業。

夏の甲子園には2005年、2007年、2010年と3度出場しています。

前橋商業は公立校ですが、私立の強豪校に劣らない成績を残しています。

2000年代は甲子園3度出場していますが、2010年代は前橋育英、健大高崎の台頭もありなかなか上位に進出できていません。

しかし、2019年には9年ぶりの決勝に進出し準優勝。久しぶりの甲子園出場にも期待できそうです。

主な卒業生

五十嵐章人、篠田純平、後藤駿太、井上温大

5位前橋工業

優勝:1回、準優勝:3回、4強:3回、8強:2回

合計値:14

5位は前橋工業。優勝は2001年の1回です。

1996年、1997年と2年連続で甲子園ベスト4に進出したこともある前橋工業ですが、県大会優勝は2001年が最後です。

主な卒業生

佐野仙好、柚木秀夫、渡辺久信、狩野恵輔、井野卓

 

他地区のランキングはこちら

【北海道・東北】

北北海道 南北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島

【関東】

東東京 西東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨

【近畿】

大阪 兵庫 京都 奈良 和歌山 滋賀

【おすすめ】月額702円(税込)でパ・リーグの試合を見放題!!詳しくはこちら→ 楽天TV
DAZN

-高校野球
-

© 2021 スタジアム通信