高校野球

【青森】高校野球強豪校ランキング

今回は青森県における野球部強豪校をランキングにしてまとめてみました。

青森高校野球強豪校ランキング

2001年~2019年までの夏の青森県大会の成績を基準にランキングを作成しました。

このランキングは、優勝:4点、準優勝:2点、ベスト4:1点、ベスト8:0.5点でスコア化したものです。

青森強豪校ランキングトップ10

ランキングトップ10をまとめた表はこちらです。

No 高校名 優勝 準優 4強 8強
1 八戸学院光星 8 7 0 3 47.5
2 青森山田 8 1 4 1 38.5
3 弘前学院聖愛 1 3 5 3 16.5
4 八戸工大一 1 1 2 9 12.5
5 青森 0 2 2 4 8
6 三沢商 1 0 0 5 6.5
7 大湊 0 2 2 1 6.5
8 弘前工 0 0 3 6 6
9 八戸西 0 0 4 4 6
10 野辺地西 0 1 3 0 5

1位八戸学院光星

優勝:8回、準優勝:7回、4強:0回、8強:3回

合計値:47.5

1位は八戸学院光星。2001年以降の優勝回数は8回でした。

県内No.1の成績を残している八戸学院光星ですが、甲子園でもその強さを発揮しています。

夏の甲子園では2011年に初めて決勝に進出。決勝では日大三高に敗れましたが、初の準優勝を果たしました。

翌年2012年は春のセンバツ、夏の選手権で決勝に進出するも春夏連覇を果たした大阪桐蔭に敗れ準優勝。

甲子園3大会連続準優勝は史上初の快挙でした。

これまで夏の甲子園10回の出場でベスト8以上が7回、うち準優勝2回と甲子園でも素晴らしい成績を残しています。

まだ東北の甲子園制覇はありませんが、一番可能性のある学校かもしれません。

主な卒業生

坂本勇人、川上竜平、田村龍弘、北條史也、武岡龍世

2位青森山田

優勝:8回、準優勝:1回、4強:4回、8強:1回

合計値:38.5

2位は青森山田。2001年以降の優勝回数は1位光星と並び8回でした。

青森山田は2004年から2009年まで夏の県大会6連覇を果たすなど県内屈指の強豪校です。

2000年代は優勝7回と圧倒的な強さでしたが、2010年代に入ってからの優勝は2017年の1回のみです。

2010年代は部内での不祥事などがあり低迷。以前は県外からの多くの選手を集めていましたが、2010年代は地元シフトに転換しました。

2017年の甲子園出場時はベンチ入り18人中15人が県内の部員でした。

主な卒業生

吉田一将、山崎晃太朗、京田陽太、木浪聖也、三森大貴

3位弘前学院聖愛

優勝:1回、準優勝:3回、4強:5回、8強:3回

合計値:16.5

3位は弘前学院聖愛。2001年以降の優勝回数1回でした。

2012年は夏の県大会初の決勝に進出するもこの年甲子園で準優勝した八戸学院光星に3-5で敗れ準優勝。

翌年2013年も連続で決勝に進出すると、弘前に4-3で勝利し初優勝を決めました。

初出場となった甲子園では1回戦で玉野光南に6-0で完封勝利。

続く2回戦でも甲子園の常連校沖縄尚学に4-3と接戦を制しこの年甲子園で2勝を挙げました。

この年以降では2018年、2019年と2年連続で県大会決勝に進出していますが、それぞれ八戸学院光星に敗れています。

主な卒業生

大坂谷啓生

4位八戸工大一

優勝:1回、準優勝:1回、4強:2回、8強:9回

合計値:12.5

4位は八戸工大一。2001年以降の優勝回数は1回でした。

2010年は夏の県大会6連覇中の青森山田を破った八戸学院光星と決勝で対戦。3-0で勝利し1998年以来の優勝を果たしました。

この年の甲子園では1回戦で英明と対戦し、8-4で勝利。同校初の勝利を果たしました。

2011年以降は優勝できておらず、2012年からは7年連続ベスト8と準々決勝で勝てない年が続いています。

主な卒業生

中川隆

5位青森

優勝:0回、準優勝:2回、4強:2回、8強:4回

合計値:8

5位は青森。

2001年以降、優勝はありませんが、19年間でベスト8以上が8回と公立校ながら県内上位で安定した成績を残しています。

2001年、2014年と決勝に進出しましたが、それぞれ八戸学院光星に敗れ準優勝でした。

主な卒業生

プロ野球選手なし

 

他地区のランキングはこちら

【北海道・東北】

北北海道 南北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島

【関東】

東東京 西東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨

【近畿】

大阪 兵庫 京都 奈良 和歌山 滋賀

【おすすめ】月額702円(税込)でパ・リーグの試合を見放題!!詳しくはこちら→ 楽天TV
DAZN

-高校野球
-

© 2021 スタジアム通信