高校野球

【山形】高校野球強豪校ランキング

今回は山形県における野球部強豪校をランキングにしてまとめてみました。

山形高校野球強豪校ランキング

2001年~2019年までの夏の山形県大会の成績を基準にランキングを作成しました。

このランキングは、優勝:4点、準優勝:2点、ベスト4:1点、ベスト8:0.5点でスコア化したものです。

山形強豪校ランキングトップ10

ランキングトップ10をまとめた表はこちらです。

No 高校名 優勝 準優 4強 8強
1 酒田南 7 2 6 3 39.5
2 日大山形 4 2 5 5 27.5
3 鶴岡東 4 2 3 2 24
4 羽黒 2 5 3 4 23
5 山形中央 2 4 5 3 22.5
6 東海大山形 0 2 2 7 9.5
7 米沢中央 0 1 2 4 6
8 山形城北 0 0 1 8 5
9 新庄東 0 1 0 3 3.5
10 九里学園 0 0 0 5 2.5

1位酒田南

優勝:7回、準優勝:2回、4強:6回、8強:3回

合計値:39.5

1位は酒田南。2001年以降の優勝回数は7回でした。

2001年から19年間でベスト8以上が18回と山形県内では安定感抜群の強豪校です。

2005年夏の県大会ではこの年センバツベスト4の羽黒高校と決勝で対戦。

強敵相手に8-5で勝利し、甲子園進出を決めました。

この年の選手権では1回戦姫路工業に10-2で勝利、2回戦では沖縄尚学に4-2で勝利し、同校初の3回戦進出を決めました。

2000年代は優勝7度と山形県内でも一強の時代が続いていましたが、2010年代の優勝は1度のみと全盛期ほどの成績を残せていません。

2021年は山形城北に4-6で敗れ初戦敗退と近年は思うような成績が残せていません。

主な卒業生

長谷川勇也、阿部翔太、下妻貴寛、石垣雅海、伊藤海斗

2位日大山形

優勝:4回、準優勝:2回、4強:5回、8強:5回

合計値:27.5

2位は日大山形。2001年以降の優勝回数は4回でした。

山形県内の高校の中で甲子園でも好成績を残しているのが日大山形。

2006年夏の甲子園では1回戦開星に6-2、2回戦仙台育英に6-3で勝利し3回戦に進出。

3回戦の今治西戦では延長13回に2点を勝ち越されるもその裏に3点を奪い逆転サヨナラ勝ちと劇的な試合でした。

準々決勝ではこの年優勝した早稲田実業に8回表まで1点リードもその裏逆転を許し敗れましたが、山形県勢初のベスト8に進出しました。

また、2013年夏の甲子園は2回戦日大三に7-1で完勝。3回戦は作新学院に5-2で勝利し7年ぶりの準々決勝に進出。

準々決勝明徳義塾戦では1点ビハインドの8回に逆転し、4-3で勝利。県勢初のベスト4に進出しました。

このとき二遊間を守っていた奥村、中野のコンビはそれぞれ巨人、阪神に入団しています。

主な卒業生

栗原健太、奥村展征、中野拓夢

3位鶴岡東

優勝:4回、準優勝:2回、4強:3回、8強:2回

合計値:24

3位は鶴岡東。2001年以降の優勝回数4回でした。

2000年代は決勝進出すらありませんでしたが、2010年代は優勝4回、準優勝2回と県内でトップクラスの成績を残しています。

2010年夏の県大会では1991年以来の決勝に進出しますが、山形中央に延長12回の末3-4で敗れ準優勝。

翌年2011年も決勝で同じく山形中央と対戦し、3-2と接戦を制しリベンジに成功。1981年以来の甲子園進出を決めました。

この年の甲子園では智弁学園に1-2と僅差で敗れましたが、2015年に出場した夏の甲子園では鳥取城北に9-6で勝利し、夏の甲子園初勝利を飾りました。

また、2019年に出場した選手権では1回戦高松商に6-4で勝利すると、2回戦でこの年センバツ準優勝習志野に9-5で勝利。

続く3回戦では関東一高に延長11回の末6-7で敗れましたが、全国の強豪に屈しない戦いを見せました。

主な卒業生

吉住晴斗

4位羽黒

優勝:2回、準優勝:5回、4強:3回、8強:4回

合計値:23

4位は羽黒。2001年以降の優勝回数は2回でした。

2002年夏の県大会では6年ぶりとなる決勝で酒田南と対戦しますが、3-7で敗北。

翌年2003年も決勝に進出し酒田南と対戦。当時夏の県大会4連覇中の強敵酒田南を7-2で破り初優勝を果たしました。

夏の甲子園には2003年と2018年に出場していますが、いずれも初戦敗退。

センバツでは2005年に山形県勢最高となるベスト4を記録してますが、夏の甲子園まだ勝利がありません。

主な卒業生

鈴木健、佐藤賢、田中優大

5位山形中央

優勝:2回、準優勝:4回、4強:5回、8強:3回

合計値:22.5

5位は山形中央。県立校ですが、近年力をつけている強豪校です。

2010年代は決勝に6度進出と2年に1回以上のペースで決勝に進出しています。

夏の県大会初優勝を決めたのが2010年。決勝で鶴岡東と対戦し、延長12回にもつれる激戦を制しました。

2度目の優勝を決めた2014年は甲子園の初戦で愛媛の小松高校と対戦。

3点を追う9回表にヒット5本放つなど一挙4点を奪い大逆転勝利で甲子園初勝利を決めました。

2回戦では東海大四と対戦。互いの投手が点を譲らず0-0で突入した延長10回に均衡を破るタイムリーを放ち2-0で勝利しました。

県立校ながら、甲子園での実績もあり、近年はプロ入りする選手も多く輩出しています。

主な卒業生

鈴木駿也、横山雄哉、齋藤友貴哉、石川直也、佐藤智輝

 

他地区のランキングはこちら

【北海道・東北】

北北海道 南北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島

【関東】

東東京 西東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨

【近畿】

大阪 兵庫 京都 奈良 和歌山 滋賀

【おすすめ】月額702円(税込)でパ・リーグの試合を見放題!!詳しくはこちら→ 楽天TV
DAZN

-高校野球
-

© 2021 スタジアム通信