高校野球

【京都】高校野球強豪校ランキング

今回は京都府における野球部強豪校をランキングにしてまとめてみました。

京都高校野球強豪校ランキング

2001年~2019年までの夏の京都府大会の成績を基準にランキングを作成しました。

このランキングは、優勝:4点、準優勝:2点、ベスト4:1点、ベスト8:0.5点でスコア化したものです。

京都強豪校ランキングトップ10

ランキングトップ10をまとめた表はこちらです。

No 高校名 優勝 準優 4強 8強
1 龍谷大平安 7 1 6 2 37
2 京都外大西 4 1 3 1 21.5
3 福知山成美 3 2 4 1 20.5
4 立命館宇治 1 6 2 2 19
5 東山 1 0 3 7 10.5
6 鳥羽 1 1 2 4 10
7 京都成章 1 1 2 3 9.5
8 京都翔英 1 1 1 1 7.5
9 西城陽 0 1 2 5 6.5
10 乙訓 0 1 1 4 5

1位龍谷大平安

優勝:7回、準優勝:1回、4強:6回、8強:2回

合計値:37

1位は龍谷大平安。2001年以降の優勝回数は7回でした。

京都大会では19年間でベスト4以上の成績が14回とほぼ毎年上位に進出しています。

これまで夏の甲子園には全国3位となる34回の出場で優勝3回、準優勝4回と全国屈指の成績を残しています。

しかし、2001年以降に出場した夏の甲子園では最高成績がベスト8とかつてほど成績を残していません。

選手権では1956年の優勝が最後ですが、センバツでは2014年に優勝しています。

主な卒業生

衣笠祥雄、桧山進次郎、赤松真人、炭谷銀仁朗、酒井知史

2位京都外大西

優勝:4回、準優勝:1回、4強:3回、8強:1回

合計値:21.5

2位は京都外大西。2001年以降の優勝回数は4回でした。

この優勝は全て2010年までに決めたもので、この期間に限定すれば1位平安を上回る優勝回数です。

2005年夏の甲子園では2回戦の関西相手に6点差を大逆転し勢いに乗ると快進撃を続け決勝に進出。

決勝では前年度優勝校駒大苫小牧の田中将大に抑え込まれますが、同校初の準優勝を果たしました。

主な卒業生

木元邦之、大野雄大、辻孟彦

3位福知山成美

優勝:3回、準優勝:2回、4強:4回、8強:1回

合計値:20.5

3位は福知山成美。2001年以降の優勝回数は3回でした。

2006年の甲子園では1回戦愛工大名電、2回戦静岡商業、3回戦熊本工業と名門校を次々と倒していき準々決勝に進出。

準々決勝では鹿児島工業相手に延長に持ち込むも10回勝ち越しホームランを打たれ敗れますが、同校最高のベスト8を記録しました。

主な卒業生

柳田殖生、横山徹也、島本浩也、桑原将志

4位立命館宇治

優勝:1回、準優勝:6回、4強:2回、8強:2回

合計値:19

4位は立命館宇治。

京都府内でも安定した強さを誇る立命館宇治ですが、2001年以降2018年まで6度出場した決勝で全て敗戦。

あと一歩のところで甲子園を逃し続けていましたが、2019年の決勝で京都国際を3-2で破り見事優勝。

7度目の挑戦で37年ぶり3回目の甲子園出場を決めました。

甲子園では秋田中央高校を1-0で破り甲子園初勝利。甲子園では京アニ『響けユーフォニアム』の演奏で話題になりました。

主な卒業生

長谷川滋利、乾真大、松葉貴大、原樹理、甲斐野央

5位東山

優勝:1回、準優勝:0回、4強:3回、8強:7回

合計値:11.5

5位は東山。2001年以降の優勝回数は1回でした。

2002年の府大会では1回戦で5点差を逆転勝ち、3回戦で6点差を逆転勝ち、準々決勝では延長11回勝ち越しなど劇的な試合展開を制し1983年以来19年ぶりの甲子園出場を決めました。

この年を最後に甲子園に出場できていませんが、2016年、2017年ベスト8、2018年ベスト4と好成績が続いているのでチャンスはありそうです。

芸能人ではお笑い芸人TIMのレッド吉田が控え投手として甲子園に出場しています。

主な卒業生

川中基嗣、岡島秀樹、吉崎勝

 

他地区のランキングはこちら

【北海道・東北】

北北海道 南北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島

【関東】

東東京 西東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨

【近畿】

大阪 兵庫 京都 奈良 和歌山 滋賀

【おすすめ】月額702円(税込)でパ・リーグの試合を見放題!!詳しくはこちら→ 楽天TV
DAZN

-高校野球
-

© 2021 スタジアム通信