プロ野球

東京六大学 2020年ドラフト指名選手一覧

東京六大学といえば大学野球でもレベルの高いリーグですが、2020年のドラフトでは六大学から多くの選手が指名されました。

今回は六大学の指名選手をまとめてみました。

東京六大学2020年ドラフト指名一覧

氏名 大学 高校 球団 順位 守備
早川 隆久 早稲田 木更津総合(甲) 楽天 1位 投(左)
木澤 尚文 慶応 慶應義塾 ヤクルト 1位 投(右)
佐藤 宏樹 慶応 大館鳳鳴 ソフトバンク 育1位 投(左)
入江 大生 明治 作新学院(甲) DeNA 1位 投(右)
鈴木 昭汰 法政 常総学院(甲) ロッテ 1位 投(左)
高田 孝一 法政 平塚学園 楽天 2位 投(右)
石川 達也 法政 横浜(甲) DeNA 育1位 投(左)
中川 颯 立教 桐光学園 オリックス 4位 投(右)

今年六大学から指名された選手は支配下で6人、育成で2人の計8人。全てピッチャーでした。

ドラフト前から注目されていた選手も多く、早稲田の早川投手、慶応の木澤投手、明治の入江投手、法政の鈴木投手の4人が1位で指名されました。

佐藤投手以外は関東の高校出身。特に神奈川からは横浜、慶應義塾高、桐光学園、平塚学園と4校から指名がありました。

また、甲子園での活躍した選手も多く、高校時代から注目されていました。

早稲田 ドラフト指名選手


出典:www.nikkansports.com

早稲田からは今ドラフトで最も注目されていた早川投手が楽天、ロッテ、ヤクルト、西武の4球団の競合の末、楽天が指名権を獲得しました。

早川投手はコントロール、変化球、速球全てが超一級品の本格派左腕。

高校までは速球派ではありませんでしたが、大学で成長し、4年時には最速155キロを記録しました。

そして変化球ではスライダー、カーブ、チェンジアップを持ち球にし、どの球種でも空振りを奪えるキレがあります。

4年秋には6勝を挙げ、早稲田を10シーズンぶりの優勝に導きました。

4年秋の成績はこちら。

試合 完投 完封 投球回 安打 四死球 三振 自責点 防御率 whip
7 4 2 6 0 46 18 8 74 2 0.39 0.57

46イニングを投げ四死球が8、三振が74、そして防御率は0.39と驚異的な成績でした。

この数字を見ればプロでの活躍も確信できますね。

来年パ・リーグの新人王最有力候補となりそうです。

慶応 ドラフト指名選手


出典:www.nikkansports.com

慶応からはエースの木澤投手が1位でヤクルトに指名されました。

ヤクルトは最初の指名に早川投手、外れ1位で法政の鈴木投手、そして外れ外れ1位で木澤投手と六大学の投手を1位で3回も指名しました。

木澤投手の魅力は最速155キロのストレート。

そして変化球では変化量の大きいカットボールを武器にしています。

リーグ戦を見ていてもストレートとカットボールで三振を奪っているシーンが目立ちました。

木澤投手は高校時代から肘や肩の怪我に苦しんでいましたが、4年時には怪我も癒え、慶応のエースとしてチームを引っ張る活躍を見せます。

4年秋のリーグ戦では優勝が掛かった早慶戦に登板。

2戦目では1点リードの8回から登板し、9回2アウトからランナー一人だしたところで降板。

後続の選手が逆転HRを打たれあとアウト一つのところから優勝を逃してしまいました。

この悔しさバネにプロで大暴れしてほしいですね。


出典:www.nikkansports.com

慶応からはソフトバンクの育成ドラフト1位でサウスポーの佐藤投手が指名されました。

佐藤選手はドラフト直前となる10月中にトミージョン手術を受けたことで育成での指名となりましたが、ポテンシャルの高い投手です。

1年生秋にはリーグ戦で26イニングを投げリーグトップとなる防御率1.03、奪三振は42個を記録しました。

佐藤投手は最速151キロのストレートに切れ味鋭いスライダーが持ち味の投手です。

トミージョン手術を受けたので実戦での登板は2年目以降になると思いますが、1年時に見せたようなドクターKとしての活躍に期待です。

明治 ドラフト指名選手


出典:www.nikkansports.com

明治からはエースの入江投手がDeNAから単独1位指名。

入江投手といえば作新学院時代、打者として3試合連続HRを放ち全国制覇に貢献しました。

高校では野手としてU18の日本代表にも選ばれましたが、大学では投手一本に絞ります。

1年春からリーグ戦に登板し、4年時には完封勝利を挙げるなどエースとして活躍しました。

入江投手の魅力は150キロを超えるストレート。

身長187cmの長身から放たれるストレートはノビがあり空振りも多く奪います。

変化球ではスライダー、カーブ、フォークなどを持ち球にしています。

高校時代はエース今井投手の影に隠れていましたが、大学で明治のエースになるまで成長しました。

DeNAの先発には左投手が多いので、数少ない右の本格派として一年目からのローテーション入りに期待です。

法政 ドラフト指名選手


出典:www.nikkansports.com

法政からは左腕の鈴木投手がロッテの外れ1位で指名されました。

鈴木投手は3年時まではリーグ通算防御率が6点台と思うような成績が残せませんでしたが、4年に入り法政のエースになるまで成長します。

4年春はリーグ3位となる防御率1.54、4年秋にはリーグ3位の防御率1.95を記録しました。

最速152キロのストレートに縦に落ちるスライダーが持ち味のピッチャーです。

スライダーの他にはチェンジアップ、カーブなどの変化球も持っています。

4年生になって成長した投手なのでプロ入り後の伸びしろも期待できそうです。


出典:www.nikkansports.com

法政からは右のエース高田投手がドラフト2位で楽天に指名されました。

高田投手は2年時からチームの主力ピッチャーとして活躍してきました。

高田投手は最速155キロのストレートで押していくピッチングが魅力の投手。

変化球ではスライダー、カットボール、フォークなどを持ち球にしています。

150キロのスピードボールを持ちながら四球で乱れることもないので、即戦力としての活躍に期待です。


出典:www.nikkansports.com

3人目はDeNAに育成ドラフト1位で指名された石川投手。

横浜高校時代は現楽天の藤平投手との2枚看板として甲子園で登板しました。

法政大では2年秋のリーグ戦に9試合登板し、防御率0.63を記録。

ストレートは145キロほどですが、スライダーやフォークなど切れ味抜群の変化球を武器にしています。

育成での指名ですが、左腕の育成に定評があるDeNAなのでプロでの成長が楽しみです。

立教 ドラフト指名選手


出典:www.nikkansports.com

立教からはオリックスのドラフト4位で中川投手が指名されました。

中川投手は希少なアンダースロー。

桐光学園時代には通算26HRを放っており、高校時代では打者としての評価が高い選手でした。

大学では1年春からチームの主力として活躍し、35シーズンぶりの優勝に貢献しました。

また、全国大会では防御率0.00を記録し、最優秀投手賞を受賞。立教大を59年ぶりの日本一に導きました。

中川投手はスライダーやシンカーなどの変化球を低めに集めるピッチングです。

そして、アンダースローから放たれるストレートは打者の手元で浮き上がり打ちづらいボールです。

パ・リーグでは楽天の牧田投手やソフトバンク高橋礼投手のようにアンダースローで活躍する投手が多いので1年目からの活躍が楽しみです。

まとめ

2020年は六大学から8選手がドラフト指名されました。

六大学指名選手まとめ

早稲田 早川 隆久 楽天ドラフト1位

慶応 木澤 尚文 ヤクルトドラフト1位

慶応 佐藤 宏樹 ソフトバンク育成ドラフト1位

明治 入江 大生 DeNAドラフト1位

法政 鈴木 昭汰 ロッテドラフト1位

法政 高田 孝一 楽天ドラフト2位

法政 石川 達也 DeNA育成ドラフト1位

立教 中川 颯  オリックスドラフト4位

来シーズンの新人王がこの中から選ばれるのか、活躍が楽しみですね。

にほんブログ村 野球ブログへ
DAZN

-プロ野球
-,

© 2021 スタジアム通信