2020 プロ野球

プロ野球2020開幕戦 試合結果

2020年のプロ野球開幕戦の各試合結果をまとめました。

セ・リーグ

阪神vs巨人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
阪神 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2 7 0
巨人 0 0 0 1 0 0 2 0 X 3 8 0

勝)菅野 敗)岩崎  セ)デラロサ

本) 巨人:吉川尚1号  阪神:西勇1号

 

試合内容

阪神vs巨人の伝統の一戦は予想外の試合展開。

3回表に阪神先発ピッチャー西が菅野からプロ初本塁打を放ち阪神が先制。

同点の5回の表にも西がタイムリーを放ち再度阪神が勝ち越し。

7回裏1点を追う巨人はランナーを2塁に置いた場面で1番吉川が逆転2ランを放つ。

試合はそのまま巨人が逃げ切り開幕戦を勝利。

この勝利が巨人の球団通算6000勝目でありプロ野球史上初の記録であった。

 

広島vsDeNA

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
広島 0 0 0 0 2 0 0 0 3 5 11 0
DeNA 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 4 0

勝)大瀬良  敗)今永

本) DeNA:ロペス1号  広島:大瀬良1号 ピレラ1号

 

試合内容

横浜スタジアムで開催されたこの試合は雨により30分開始が遅れた。

2回の裏ロペスのホームランでDeNAが1点を先制。

5回の表広島はピッチャー大瀬良のタイムリーと3番西川のタイムリー二塁打で逆転に成功。

9回の表にはピッチャー大瀬良のプロ初となる2ランHRに続く1番ピレラの二者連続HRで試合を決める。

試合は5-1で広島の勝利。大瀬良は9回1失点の完投、打ってはタイムリー含む1HR3打点の大活躍。

 

中日vsヤクルト

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 H E
中日 2 0 0 1 0 1 3 0 0 2 9 18 1
ヤクルト 3 0 0 3 0 1 0 0 0 0 7 17 1

勝)福  敗)今野  セ)岡田

本) ヤクルト:山田1号 青木1号  中日:ビシエド1号

 

試合内容

雨の中開幕した神宮での試合。1回の表ビシエドが2ランHRを放ち中日が2点を先制。このホームランは2020年プロ野球第一号であった。

その裏ヤクルトはすぐさま反撃。2番山田の同点ツーランに4番村上のタイムリーで勝ち越しに成功。

その後互いに得点を重ね、7-7の同点で延長戦に突入。

10回の表堂上の犠飛と阿部のタイムリーで2点を勝ち越し。

その裏ヤクルトは2アウトから3連打で満塁とするが、4番の村上が三振を喫し試合終了。

試合時間4時間49分と長丁場の試合となった。

 

パ・リーグ

日本ハムvs西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
日本ハム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
西武 0 0 0 3 0 0 0 0 X 3 4 0

勝)ニール  敗)有原  セ)増田

 

試合内容

昨年のパ・リーグ覇者西武はホームで日本ハムと対戦。

4回の裏にノーアウト満塁から山川のボテボテの内野安打で先制。続く外崎の押し出し死球や栗山の内野ゴロの間の1点などでこの回3点を奪う。

西武先発のニールは6回を無失点の好投。後続の投手も無失点に抑え、西武が3-0で日ハムに完封勝利。

ロッテvsソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 H E
ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 7 0
ソフトバンク 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1X 2 7 0

勝)高橋礼  敗)東條

 

試合内容

去年の日本一ソフトバンクはホームでロッテを迎えての試合。

この試合はソフトバンク東浜、ロッテ石川の両先発が無失点に抑える投手戦の試合展開。

先制はソフトバンク。8回の裏に柳田の犠飛で1点を先制する。

追い込まれたロッテだが、9回表2アウトから代走で出場した和田が2塁への盗塁に成功。

2アウト1、2塁から中村のタイムリーで土壇場でロッテが同点に追いつく。

しかし、10回の裏2アウト3塁から栗原がセンター前へタイムリーヒットを放ちソフトバンクがサヨナラ勝利。

10回に登板したロッテ東條はプロ93戦目にして初の敗北であった。

 

楽天vsオリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
楽天 0 1 0 0 0 0 0 8 0 9 12 0
オリックス 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0

勝)則本  敗)神戸

 

試合内容

この試合は楽天則本、オリックス山岡の両先発が7回を1点に抑える投手戦であった。

8回の表楽天はこの回から登板した神戸を攻略。

ヒットと四球でノーアウト満塁にすると今年ロッテから移籍してきた鈴木大地が2点タイムリーを放ち楽天が勝ち越しに成功。

このヒットで鈴木はプロ通算1000本目の安打であった。

その後も楽天打線は止まらず打者一巡の攻撃で一挙8点を挙げ試合を決める。

敗れたオリックスは2010年の勝利を最後に開幕戦は引き分けを挟み9連敗となった。

 

にほんブログ村 野球ブログへ
DAZN

-2020, プロ野球
-,

© 2021 スタジアム通信