2020 巨人

【2020】巨人 二軍 個人成績まとめ!

今回は巨人の2020年二軍での成績を調べてみました。

巨人といえば2年連続のリーグ優勝を果たしましたが、日本シリーズではソフトバンクに2年続けて4連敗。

日本一になるには若手の底上げが必須とも言えますね。

 

2020イースタンリーグ順位表

2020年はコロナの影響により二軍での試合数が例年より40~50試合少なく、各チーム80試合弱となりました。

2020年のイースタンリーグ(二軍)の順位表はこちら。

球団 試合 勝率
楽天 79 42 28 9 .600 --
DeNA 76 42 32 2 .568 2
巨人 79 38 33 8 .535 4.5
ロッテ 70 34 31 5 .523 5.5
ヤクルト 79 32 38 9 .457 10
日本ハム 76 28 41 7 .406 13.5
西武 75 28 41 6 .406 13.5

巨人はイースタンリーグ3位。貯金5つとまずまずの成績でした。

2015年からはイースタン4連覇を果たしている巨人。

一軍だけでなく二軍でも安定した強さを残していますね。

ここからは野手・投手ごとの個人成績を見ていきます。

 

巨人 二軍 打撃部門 個人成績

選手 試合 打数 安打 HR 打点 盗塁 打率 OPS
陽 岱鋼 41 133 45 5 22 0 .338 .932
八百板 卓丸 70 217 68 8 26 6 .313 .866
ウレーニャ 65 236 70 12 47 0 .297 .849
山本 泰寛 61 163 46 3 32 4 .282 .775
加藤 脩平 60 158 44 1 14 3 .278 .698
田中 俊太 40 120 33 1 14 5 .275 .766
湯浅 大 74 224 56 3 23 22 .250 .658
菊田 拡和 44 141 28 1 10 0 .199 .498
増田 陸 48 136 22 2 9 0 .162 .456

※100打数以上対象

二軍でのチーム打率は.265でリーグ2位。全体的に打てるバッターが揃っていました。

その中でも今後ブレイクが期待される若手選手三人をピックアップしました。

 

まず一人目は高卒6年目の八百板選手。

八百坂選手は2014年に育成ドラフトで楽天に入団し、1軍での出場もありましたが、2019年に戦力外通告。

しかし、その後巨人と育成契約を結び、今年が移籍後初シーズンでした。

八百板選手は今シーズン二軍で70試合に出場し打率.313、8本塁打の好成績を残しました。

八百板選手は左打の外野手。今年育成から支配下でブレイクした松原選手のような活躍に期待です。

 

続いて二人目が21歳のウレーニャ選手。

二軍で65試合に出場し、打率.297、12本塁打、47打点

ヒット数がリーグ1位本塁打がリーグ2位打点がリーグ3位二軍でも屈指の打撃成績を残しました。

今シーズンから育成で入団したウレーニャ選手ですが、二軍での好成績を評価され9月に支配下登録。

一軍の試合にも出場し、プロ初安打もマークしました。

来シーズンは一軍での出場機会も増えそうです。

 

三人目は高卒3年目の湯浅選手。

湯浅選手の魅力は足の速さ

湯浅選手は二軍で打率.250とパッとした成績ではありませんでしたが、22盗塁はイースタンリーグトップの成績でした。

これだけ盗塁ができれば代走などから一軍でも出場機会が増えていきそうですね。

 

巨人 二軍 投手部門 個人成績

選手 S H HR whip
山川 和大 17 5 2 0 39.2 28 4 15 37 2.50 1.08
堀岡 隼人 27 2 1 3 47.1 36 3 24 36 2.66 1.27
沼田 翔平 33 5 1 6 34.2 28 4 15 35 2.86 1.30
古川 侑利 32 0 1 2 49.1 44 5 21 52 2.92 1.32
横川 凱 7 1 1 0 20.2 19 1 9 10 3.48 1.35
藤岡 貴裕 22 3 2 0 29.1 25 1 11 22 3.68 1.23
今村 信貴 5 1 1 0 25 23 2 4 13 3.96 1.08
太田 龍 17 5 6 0 90.1 104 9 26 60 4.08 1.44
畠 世周 5 1 2 1 25.2 22 2 8 25 4.21 1.17
ディプラン 11 1 2 0 46.2 50 3 23 34 4.24 1.56
井上 温大 9 1 1 0 30 38 3 12 18 4.80 1.67
直江 大輔 5 2 2 0 24 23 3 7 23 4.88 1.25
野上 亮磨 18 0 3 0 47 58 8 17 28 4.98 1.60
髙橋 優貴 5 1 2 0 21 29 2 18 15 6.00 2.24
田原 誠次 35 1 1 0 29.1 39 1 11 18 7.06 1.74

※投球回20回以上対象

二軍でのチーム防御率は3.79でリーグ5位でした

若手投手が活躍した一方、野上投手、髙橋投手、田原投手など一軍で実績のある投手が結果を残せませんでした。

投手でも今後ブレイクが期待される若手選手を三人ピックアップしました。

 

まず一人目が育成選手の山川投手。

山川投手は芦屋学園高校時代軟式野球部でプレーをしていた異色の選手です。

二軍では中継ぎを中心に17試合に登板。39.2回を投げ5勝2敗防御率2.50と好成績を残しました。

山川投手は身長166cmと小柄ですが、ストレートは最速152キロをマークする本格派の投手。

二軍では39回を投げ37奪三振とほぼイニングと同じ三振を奪いました。

巨人の二軍投手陣の中では一番いい成績だったので、来期は支配下登録&一軍出場の可能性も高そうです。

 

続いて二人目が高卒4年目の堀岡投手。

堀岡投手は育成での入団でしたが、2019年に支配下登録されました。

二軍では27試合に登板。47.1回を投げ防御率2.66を記録しました。

二軍では主に中継ぎでの登板でしたが、10月から先発で登板すると3試合連続で7回2失点以下のHQSと先発としても結果を残しました。

一軍では先発での登板がありませんが、来シーズンは出番があるかもしれませんね。

 

三人目は高卒二年目の沼田投手。

育成で入団した沼田投手ですが、今シーズンはオープン戦で防御率1.42を記録すると開幕前に支配下登録されました。

二軍では中継ぎとして33試合に登板。34.2回を投げ奪三振35、防御率2.86を記録しました。

沼田投手は身長175cmですが、体重が65kgとプロ野球の中でもかなりの軽量です。

まだ20歳の沼田投手。今後身体ができてくれば一軍での出番が増えていきそうですね。

 

まとめ

今回は巨人二軍の個人成績を野手・投手ごとにみていきました。

投手・野手ともに育成出身の選手が目立ちましたね。

今年二軍で活躍した選手が来年一軍でブレイクするのか、楽しみですね。

にほんブログ村 野球ブログへ
DAZN

-2020, 巨人
-,

© 2021 スタジアム通信