2020 西武

【2020】西武ライオンズ 二軍 個人成績まとめ!

今回は西武ライオンズの2020年二軍での成績を調べてみました。

今シーズンのライオンズはパ・リーグ3位。

昨シーズンまでパ・リーグ連覇していたライオンズでしたが、今シーズンは開幕から躓いてしまい、3連覇とはなりませんでした。

パ・リーグでは4年連続日本一の強敵ソフトバンクがいますが、打倒ソフトバンクのためにも若手選手の底上げが欠かせません。

来シーズンはどの選手が一軍で活躍しそうなのか二軍のデータから予想していきたいと思います。

 

2020イースタンリーグ順位表

2020年はコロナの影響により二軍での試合数が例年より40~50試合少なく、各チーム80試合弱となりました。

2020年のイースタンリーグ(二軍)の順位表はこちら。

球団 試合 勝率
楽天 79 42 28 9 .600 --
DeNA 76 42 32 2 .568 2
巨人 79 38 33 8 .535 4.5
ロッテ 70 34 31 5 .523 5.5
ヤクルト 79 32 38 9 .457 10
日本ハム 76 28 41 7 .406 13.5
西武 75 28 41 6 .406 13.5

西武はイースタンリーグ6位タイ

借金13で二軍でのシーズンを終えました。

ここからは野手・投手ごとの個人成績を見ていきます。

 

西武ライオンズ 二軍 打撃部門 個人成績

選手 試合 打数 安打 HR 打点 盗塁 打率 OPS
戸川 大輔 55 180 54 3 26 1 .300 .750
中熊 大智 56 173 51 3 19 2 .295 .702
山田 遥楓 62 215 62 7 25 5 .288 .858
水口 大地 44 158 42 1 14 7 .266 .640
綱島 龍生 44 134 35 2 15 2 .261 .716
愛斗 55 203 52 10 32 5 .256 .749
岸 潤一郎 54 150 38 4 21 4 .253 .761
西川 愛也 49 146 36 3 20 5 .247 .731
川野 涼多 58 149 36 3 12 3 .242 .682
高木 渉 53 203 48 9 24 3 .236 .767

※100打数以上対象

二軍でのチーム打率は.251でリーグ6位でした。

今回は今後ブレイクが期待される若手選手二人をピックアップしました。

 

まず一人目はプロ2年目育成の中熊選手。

中熊選手は山口の徳山大学の出身。徳山大からは初のドラフト指名選手です。

中熊選手は56試合に出場し打率.295、3HR、19打点の成績でした。

打率3割には届きませんでしたが確実性のあるバッティングでイースタンでも上位の成績を残しました。

今シーズンは支配下登録されませんでしたが、この二軍成績を見れば来シーズンはチャンスがありそうです。

 

続いて二人目が高卒6年目の山田選手。

山田選手は二軍で62試合に出場し、打率.288、7本塁打、25打点、OPS.858の成績でした。

OPS.858はイースタン規定到達者の中で5位と二軍の中でも上位の成績でした。

ライオンズのサードはベテランの中村選手がレギュラーですが、来シーズン39歳になるため、そろそろ世代交代のタイミングかもしれません。

中村選手の後継者として山田選手の活躍に期待です。

 

西武ライオンズ 二軍 投手部門 個人成績

選手 S H HR whip
榎田 大樹 9 5 1 0 49 34 5 16 39 1.84 1.02
齊藤 大将 21 3 1 1 43.1 31 2 23 27 2.49 1.25
伊藤 翔 8 2 2 1 41.1 38 1 20 24 3.05 1.40
十亀 剣 8 3 3 0 50 53 2 12 32 3.24 1.30
多和田 真三郎 5 1 2 0 24.2 36 5 4 13 3.65 1.62
東野 葵 11 0 1 0 21.2 14 1 19 14 3.74 1.52
今井 達也 4 1 2 0 21 21 6 10 23 3.86 1.48
武隈 祥太 21 2 1 3 24.1 27 1 13 22 4.07 1.64
浜屋 将太 5 1 2 0 30.1 26 2 10 35 4.45 1.19
與座 海人 9 1 5 0 50 47 7 14 31 4.86 1.22
野田 昇吾 30 1 1 1 27 32 3 12 26 5.00 1.63
上間 永遠 9 0 2 0 35.1 40 4 24 21 5.09 1.84
渡邉 勇太朗 4 0 1 0 22.1 30 1 7 13 5.24 1.66
本田 圭佑 10 1 3 0 42.2 61 7 19 28 5.27 1.88
内海 哲也 7 3 2 0 33.2 37 7 9 19 5.35 1.37
松岡 洸希 19 1 3 0 22 34 3 19 16 7.77 2.41

※投球回20回以上対象

二軍でのチーム防御率は4.38でリーグ最下位でした

今回は投手陣でも今後ブレイクが期待される若手選手二人をピックアップしました。

 

まず一人目は大卒3年目の齊藤投手。

斎藤投手はスリークォーターから放たれるスライダーが武器のサウスポーです。

二軍では21試合に登板。43.1回を投げ防御率2.49を記録しました。

明治大からドラフト1位で指名され、即戦力として期待されていましたが、この3年間で一軍では32試合に登板し防御率が7.71と期待に応える活躍ができていません。

ライオンズはサウスポーの中継ぎが少ないので、狙うポジションとしては左のワンポイントかもしれません。

 

続いて二人目が独立出身21歳の伊藤投手。

今シーズン二軍では8試合に登板。41.1回を投げ2勝2敗防御率3.05を記録しました。

伊藤投手は最速150キロを誇る本格派右腕。

二軍では結果を残していますが、まだ一軍では思うような結果が残せていません。

来シーズンは飛躍のきっかけとなるシーズンにしてほしいですね。

 

まとめ

今回は西武ライオンズ二軍の個人成績を野手・投手ごとにみていきました。

今シーズンイースタンでの順位は6位でしたが、投打で活躍した選手もいました。

今シーズン一軍ではパ・リーグ三連覇を逃してしまいましたが、来期こそはリーグ優勝&日本一を奪回したいところです。

今年二軍で活躍した選手の中で誰が一軍でブレイクするのか要注目です。

にほんブログ村 野球ブログへ
DAZN

-2020, 西武
-,

© 2021 スタジアム通信